カレー好き大学院生の日記

研究室とお料理と読書の日々。

カレーに凝る 第10弾 「ドラムチキンカレー」

どうも!

気づけば12月ですね。

数日空いてしまいましたが、ちょっと実験で思うような結果が出ずしょんぼりしていました。

しかし、今日教授に相談したらまた光が見えて復活しました!

年末の帰省までにもうひと頑張り出来そうです。

 

元気の無い日、私の場合はカレーを作ると復活します。

昨日はそんなこんなで元気が無かったので、やっぱり作っちゃいました!

 

 

今回はなんと記念すべき第10弾!!

第1弾は10/7でしたから、意外とあっという間でしたね。

 

「カレーに凝る 第1弾 基本のチキンカレー」

https://wien7.hateblo.jp/entry/2019/10/07/060920

これから第何弾まで行けるのでしょうか…笑

 

作ったカレーは「ドラムチキンカレー」です!

ドラムチキンというのは、骨付きの鶏もも肉を指すようです。

骨からも旨みが出て、もも肉をさらに美味しく頂けるよう…!

 

f:id:wien7:20191203215056j:image

こちらが焼き目がつくまで焼いたドラムチキンです。

このまま食べても美味しそうなくらい…

 

いつものように玉ねぎ、ニンニク、しょうがを炒めていきます。

 

今回いつもと違ったのはこちら。

f:id:wien7:20191203215342j:image

普段はトマト缶を1缶ドバっと使ったり、生のトマトを丸々1個使ったりするのですが、今回はトマトピューレを大さじ2加えただけでした。

トマト分がこんなに少なくても、カレーは成立するんですね。

これならトマトが苦手な人でも食べられるかも?

 

f:id:wien7:20191203215612j:image

ヨーグルトを加えるとまろやかな酸味が出るそうです。

 

f:id:wien7:20191203215711j:image

ここに先ほどのチキンをドカンと!

お水を加えて、30分しっかり煮込んでいきます。

煮込みすぎるとうまみがスープに全部逃げて、肉の方が美味しくなくなってしまうそう。

骨付き鶏肉は45分がベストのようです。

 

30分経過した後、バターを加えてさらに10分ほど煮込んだら…

 

f:id:wien7:20191203220008j:image

じゃーん!完成です!

トマトが少ないからか、いつもより茶色い印象です。

 

食べてみると、シンプルなチキンカレーよりも旨みを感じます。

バターやヨーグルトのおかげか、いつもより食べやすいです。

トマトの主張はいつもより控えめ。

それでもしっかり、美味しいカレーになっています。

 

次の日の朝に半分取っておこうと思いましたが、つい全部食べてしまいました!

でもおかげで、お腹も満たされちょっと元気に。

すぐに眠ってしまいました。

 

 

元気の無い日は美味しいものを作って食べるに限ります!

良い教訓を得た一日でした。

 

 

ではまた❗️