カレー好き大学院生の日記

研究室とお料理と読書の日々。

カレーに凝る 第31弾 「白身魚のココナッツカレー」

どうも!

 

やっぱりカレー作りは息抜きにぴったり!

ということで今日も作ってしまいました!

 

今回挑戦したのは「白身魚のココナッツカレー」です。

ココナッツミルクを入れるカレーは大好物。

しかしココナッツミルクは駅まで行かなければ仕入れられないので、なかなか作れずにいました。

ここでネットショッピングの味を占めた私、アマゾンで6個セットを購入!

しかも安い!

これからしばらく楽しめそうです♪

 

まずはオリーブオイルを熱し、ブラウンマスタードシードレッドチリココナッツファインカレーリーフを炒めていきます。

本当はココナッツオイルを使いたいところですが切らしておりました…

f:id:wien7:20200712184843j:image

カレーリーフはずっと前に大袋で購入してしまったため、積極的に消費したいところです。

 

そこへニンニク・生姜、薄切りの玉ねぎを加えさらに炒めます。
f:id:wien7:20200712184835j:image

きつね色になるまで!

今回はトマトを使いません。

 

そこへパウダースパイスを入れるのですが、フェンネルがホールしかなかったのですり鉢で自力でパウダーにすることに。
f:id:wien7:20200712184850j:image

しかし結局うまくできず、ミキサーの力を借りたのでした…

 

今回加えたのはコリアンダーターメリックレッドチリとパウダーにしたフェンネルです。
f:id:wien7:20200712184846j:image

いい香りです。

 

そこへ投入するのがココナッツミルク!
f:id:wien7:20200712184857j:image

缶切りで開けなければいけないのが少しネックですが、これはアルバイトでの経験を活かしチョチョイのチョイ。

 

そしてタマリンドペーストも加えます。
f:id:wien7:20200712184900j:image

タマリンドとは…

アフリカの熱帯地方が原産の「タマリンド」は、マメ科ジャケツイバラ亜科タマリンド属の、高さ20~25mほどの常緑高木に実るフルーツです。タマリンドは高木が黄色い花をつけたあとにでき、7~15cmほどの枝豆を大きくしたような形をしていて、一年中見ることができます。実をつけるのに6年から10年ほどかかりますが、過酷な環境でも育つ強い植物なんですよ。 サヤの中に果肉があり、そのままでも食べることができます。酸味が強いので、ジャムやお菓子、飲み物などに加工して食べることが多いのだとか。日本人には少し馴染みの薄いトロピカルフルーツですが、栄養価が高くいま注目されています。https://macaro-ni.jp/33301

 というわけでちょっと酸っぱい香りのする不思議なペーストです。

これも昔買ったものの、使い道がカレー以外にわからないので消費したい!笑

 

そこへタラを加え、煮込んでいる様子がこちら。
f:id:wien7:20200712184839j:image

お魚大好き、わくわくします。

 

そして仕上げは、もはやおなじみのテンパリングです。
f:id:wien7:20200712184854j:image

オリーブオイルにレッドチリカレーリーフを加えて香りを立たせたら、カレーにジュワッと加えます。

 

そして出来上がったのがこちら!
f:id:wien7:20200712184904j:image

食べてみた感想は、まずココナッツミルクで安定のおいしさ!

そしてタマリンドペーストの酸味も感じて、少し独特な味がまた良い。

カレーリーフを今回たくさん使っているのも、またいつもと違う香りがして病みつきになります。

魚介にココナッツは合うな~!

 

参考レシピ本

世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-
 

 

 お得なココナッツミルク

 

 

ではまた!

カレーに凝る 第30弾 「豚バラと大根のカレー」

どうも!

 

とうとう今回でカレーに凝るシリーズは第30回目を迎えました!

思いのほか続きましたね…

これからも頑張っていきます!

 

今日はだいぶ前に作ったカレーの記事になります。

(記事にするのが遅くなったので記憶が曖昧…)

 

今回は「豚バラと大根のカレー」に挑戦しました!

カレーに大根?どういうこと?と思いながらも作り始めます。

 

まずはオリーブオイルを熱し、レッドチリクミンシードを加えます。

f:id:wien7:20200705181222j:image

クミンシードがパチパチいい音。

 

そこへ、くし切りの玉ねぎを加えます。
f:id:wien7:20200705181207j:image

くし切りラクチン!

焼き目がついたらにんにく、生姜、トマトピューレを加えます。

 

そこへおなじみのコリアンダーターメリッククミンレッドチリを加えます。
f:id:wien7:20200705181227j:image

これでカレーの素は出来上がり。

 

次は別のフライパンでしっかり焼いた豚肉と大根、コンソメスープ、砂糖、しょうゆを加え、40分煮込みます。
f:id:wien7:20200705181217j:image

砂糖としょうゆ!これはいかにも大根に合いそうです。

 

そして最後の仕上げはテンパリング

オリーブオイルを強火で熱し、シナモンクローブカルダモンスターアニスの香りをオイルに移してあげます。
f:id:wien7:20200705181214j:image

香りがすごい!

 

これを仕上げにカレーにかけて、出来上がったのがこちら!
f:id:wien7:20200705181210j:image

やっぱり、スターアニスがあると映えますね。

食べてみると、やはり最後に入れたテンパリングのオイルがすごい香り!

特にスターアニスが最高です。

豚の角煮にも合うように、カレーでも豚肉との相性はバッチリ。

そして大根!これが柔らかくておいしい!

しょうゆと砂糖の味付けがまた良いのかもしれませんね。

カレーにもこんなに合うなんて…大発見でした!

 

 参考レシピ本

世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-
 

 

 

ではまた!

カレーに凝る 第29弾 「ポークビンダルカレー」

どうも!

バイトを辞めたはずが、その空いた時間を自己分析や企業研究に費やして、気づいたらいつも夜中になっています…

ランニングとお料理が気分転換です!

というわけで今日は久しぶりにカレーの記事をお送りします。

 

カレーに凝るシリーズはおそらく1ヶ月ぶりになりますが、記事にしないだけでカレーは何度も作っていたし、なんならお昼はほぼ毎日レトルトカレーなので、飽きてしまった訳ではありません笑

 

今回は「ポークビンダルカレー」に挑戦しました!

 

ビンダルポルトガル料理の流れをくむインドでは珍しいカレーとのこと。

ポルトガル料理と言われてもピンと来ないのですが…

 

調べてみるとこんなことが書いてました。

インド・ゴア州の名物メニュー「ビンダル」はポルトガル料理の流れをくむインドでは珍しい料理。
ゴア州は20世紀中頃までポルトガルのアジア拠点となっていました。 豚肉を赤ワインと黒胡椒に漬け込み、運んだことが始まりと言われており、インドでは赤ワインが酢に変わり、スパイシーに変化していったと言われています。
「Vindaloo」の「vin」はポルトガル語で「ワインやワインビネガー」、「Aloo」は「にんにく」という意味からつけられた名前です。

ビンダルとは。 | rei blog.

 

なるほど、酸味が特徴の1つのようですね。

それでは作っていきます。

 

 

まずはオリーブオイルを熱し、シナモンスティックベイリーフレッドチリを加えます。

f:id:wien7:20200609231046j:image

今回使ったシナモンスティックは先日お友達から貰ったものです。

1本を何回もお湯で抽出してシナモンティーにして楽しんでいたのですが、まだまだ香りが出そうだったので最後カレーのスパイスとして活躍してもらいました。

 

そこへ玉ねぎを加えて炒めていきます。

f:id:wien7:20200609232218j:image

シナモンの香りがすごい!

 

そしてトマト缶を加えて水分を飛ばし、コリアンダークミンターメリックレッドチリパプリカパウダーを加えます。
f:id:wien7:20200609231042j:image

 

そこへ豚肉のマリネを加えます。
f:id:wien7:20200609231028j:image

マリネ液はバルサミコ酢ココナッツクリームにんにく生姜ペパーミントコリアンダーレッドチリパプリカパウダーターメリッククミンガラムマサラブラックペッパーを加えるとのこと。

しかしバルサミコ酢が無かったので白ワインビネガーで代用しました。

同じくブドウ由来だから良しとします笑

ココナッツクリームも無かったので、ココナッツミルクのパウダーを加えました。

一晩冷蔵庫で漬け込むのが理想みたいですが、作り始めてから気づいたので30分くらいしか漬けてません汗

 

マリネ液ごと加えて炒めたら、お湯を加えて30分煮込みます。
f:id:wien7:20200609231038j:image

 

そして出来上がったのがこちら!
f:id:wien7:20200609231032j:image

食べてみるとまず、ほどよい酸味が美味しさを引き立てています!

今までのカレーとは全然違う!

そしてなぜか感じる甘み…

砂糖とか入れていないのになぜ?と思いましたが、よく考えたらシナモンスティック!これを入れたからでしょう!

シナモンティーの甘さを思い出します。

豚肉もゴロッと食べ応えがあり、大満足でした。

 

カレーを通してまたシナモンが好きになってしまった私でした。

 

ではまた!

 

 

世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-
 

 

 

カレーに凝る 第28弾 「こだわりチキンカレー」

どうも!

最近カレーの記事を上げていませんでしたね!

今回は先日作った「こだわりチキンカレー」を紹介します!

 

私のお世話になっているこちらの本。

世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-
 

この本は難易度別にチャプターが3つに別れています。

そして、今回でとうとう最後のチャプター3に突入しました!!

(材料の関係でチャプター2で作れていないものが3つほどあるのですが…)

 

チャプター3のテーマは「もっとスパイステクニックを追求する」とのことです…ドキドキ。

 

それでは作っていきます!

 

 

まずははじめにホールスパイスを油で熱していきます。

f:id:wien7:20200501112134j:image

今回は何と3種類!

クローブカルダモンシナモンスティックです!

 

熱した紅花油の中へ投入します!
f:id:wien7:20200501112155j:image

いきなり賑やかですね!

 

そこへグリーンチリを加えます。
f:id:wien7:20200501112152j:image

グリーンチリが手に入らなかったので、シシトウで代用しています。

 

そこへ、ニンニクと生姜のみじん切りを加えて炒めたら…
f:id:wien7:20200501112124j:image

いい香り!

 

いつものように玉ねぎを加えます。
f:id:wien7:20200501112131j:image

今回は薄切りです。

 

そしてトマト缶を加えて水分を飛ばし…
f:id:wien7:20200501112127j:image

入れる量は今回は少なめ。

 

ヨーグルトを結構多めに加えます!
f:id:wien7:20200501112120j:image

カレーに酸味とコクが出るそうですよ!

 

そしてパウダースパイス。
f:id:wien7:20200501112138j:image

今回はコリアンダーターメリックレッドチリ

ここはいつもとそんなに変わりませんね。

 

そして骨付き鶏もも肉を加えたら…
f:id:wien7:20200501112104j:image

水を加えて、30分ほどコトコト煮込みます。

 

その後ココナッツミルクを加えてさらに煮込みます。

f:id:wien7:20200501112056j:image

美味しそう…

 

色が優しくなりました。

パクチーの刻みも加えました。
f:id:wien7:20200501112147j:image

ここで完成かと思いきや…?

 

最後の仕上げ!テンパリングをします!

f:id:wien7:20200501112108j:image

テンパリングとはインド料理の世界では「油でスパイスを炒める」ことを意味するそう。

初挑戦!

 

クミンシードマスタードシードを多めの油の中へ加えます。
f:id:wien7:20200501112112j:image

めっちゃ跳ねて怖い!!

でもいい香り!

 

それをカレーの上に仕上げで加えると…
f:id:wien7:20200501112116j:image

じゅわっと。

とっても香りが立っています!

 


そして、出来上がったのがこちら!
f:id:wien7:20200503112952j:image

今回は史上最多のスパイス登場でしたね!

でもやっぱり、たくさんスパイスを使うと美味しいの法則!

本格的な味です…

ホールのクローブやカルダモンを噛むと香りが弾けます。

最後にテンパリングして加えたらクミンシードとマスタードシードも効いているし…

やっぱり手間と材料には代えられないのかも知れませんね…

今までのカレーももちろん美味しいけど、別格の美味しさがありました!

 

ではまた!

カレーに凝る 第27弾 「チキンマサラ」

どうも!

今回は家族でオンライン飲み会をしている最中に作った「チキンマサラ」を紹介します!

ただ、テレビ電話の画面のスクリーンショットなので、写真の画質がとても荒いです…ご了承ください…

 

このレシピは、いつもの本ではなくこちらの本に載っていたものです。

いちばんくわしいスパイス便利帳

いちばんくわしいスパイス便利帳

  • 発売日: 2017/05/25
  • メディア: 単行本
 

東京にあるナイルレストランのナイル善己さんという方のレシピだそう。

ナイルレストランのホームページにようこそ!

日本最古の印度料理専門店とのこと…

行ってみたいお店がまた増えてしまった…

 

チキンマサラは北インドの代表的なカレーとのこと。

今までチキンカレーはたくさん作ってきましたが、今回は一味違う出来となりましたよ!

 

まずは、カシューナッツを茹でます。

f:id:wien7:20200423003259j:image

カシューナッツが登場するのは初めてだし、茹でるなんてことしたのも初めてです!

 

なぜ茹でたかと言うと、ペースト状にするため!
f:id:wien7:20200423003256j:image

牛乳を加えてミキサーでペーストにしました。

ちょっと舐めてみたのですが、当然のように超美味しいです!

カシューナッツ大好きなので…

 

ペーストが準備できたら炒め作業に取り掛かります。
f:id:wien7:20200423003318j:image

まずはバターとオリーブオイルを熱し、カルダモンクローブシナモンローリエをホールで加えます。

ホールスパイスをこんなに使うなんて贅沢!

 

そこへニンニク、生姜と玉ねぎを色づくまで炒め、トマトを加えて水分を飛ばします。
f:id:wien7:20200423003310j:image

これはいつもと同じですね。

 

そしてパウダースパイスを加えていきます。
f:id:wien7:20200423003303j:image

今回加えたのはコリアンダーパプリカターメリックガラムマサラカイエンペッパー

ガラムマサラは普段あまり使わないですね。

 

そして炒めたら先ほどのカシューナッツペーストを加えます!
f:id:wien7:20200423003306j:image

わ〜!絶対美味しい!

 

色も一気に明るく!
f:id:wien7:20200423003313j:image

 

そして仕上げにカスリメティをもんで加えます。
f:id:wien7:20200423003251j:image

 

そして出来上がったのがこちら!
f:id:wien7:20200423003248j:image

ペーストのおかげか、いつものカレーよりも色が明るいですね。

ココナッツミルクを入れた時みたいです。

 

食べてみると、最初ホールで加えたカルダモンとクローブがかなり効いています!

ホールスパイスを噛んだ時に口の中に広がる香りがたまりません。

大人っぽい味に仕上がりました。

カシューナッツのコクで美味しさ倍増!

生姜も今回はみじん切りだったので、香りと食感がしっかり残っていて美味しい。

 

今まで作ったチキンカレーの中で1番好みの味でした!

たまには違う本のレシピも試してみるものですね。

カレーの可能性をまた知ってしまいました…

 

ではまた!

カレーに凝る 第26弾 「スリランカ式チキンカレー」

どうも!

今回は「スリランカ式チキンカレー」に挑戦しました!

このカレーのテーマは「材料を入れて待つだけでできる時短カレー」とのこと。

スリランカ式ということで、いつも使わない食材がいくつか登場しますよ〜

 

まずは紅花油を熱して、ニンニクと生姜とそれからシナモンスティックを割って加えます。
f:id:wien7:20200419161751j:image

カレーでシナモンスティックが登場するのは初めてですね!

『スパイスのまほう』のレシピにはよく登場していましたが。

 

そこへ玉ねぎを鍋に敷きつめるように入れます。
f:id:wien7:20200419161755j:image

 

その上に広げるように、ホールトマトを加えます。
f:id:wien7:20200419161805j:image

 

そこへ!今回初登場のメンバー、スリランカカレーパウダーのお出ましです。
f:id:wien7:20200419161748j:image

原材料を見ればわかる通り、コリアンダー、クミン、フェンネル、シナモン、ガーリック、カレーリーフターメリック、ランペが入っています。

聞き覚えのないスパイスも入っていますが、これらがいつもとひと味違うスリランカ感を出してくれるのでしょう笑

香りもなんとなく、葉っぱに近い感じがしました。

後からこの中のスパイスがまた登場します!

 

スリランカカレーパウダーと塩を、鶏もも肉と和えます。

f:id:wien7:20200419162317j:image

 

そして先ほどのお鍋に広げます。
f:id:wien7:20200419161813j:image

 

ここで次に登場するのがランペ
f:id:wien7:20200419161741j:image

別名パンダンリーフとも言います。

本ではフレッシュの長い葉をそのまま加えていましたが、ドライしか手に入らなかったのでこちらを使用。

なんか嗅いだことのある香りなのですが、うまく表現できません!

ちょっとい草に近いような…

スリランカ料理には書かせないハーブのようです!

 

そして次にカレーリーフ
f:id:wien7:20200419161823j:image

これは先日私がホームセンターへ苗を探しに行って見つけられなかったものです。

苗はおそらくネット経由じゃないと厳しそう…

とりあえずドライのものを仕入れました!

ちょっとカレーに対して財布の紐が緩い傾向がありますね…

まあ他にお金使ってないからいいでしょうか…

カレーリーフの香りは結構爽やかな印象。

例えるなら母の働いていた花屋のビニルハウス内と似たような香りでした。(伝わらない)

カレーリーフという名前ですが、別にカレーの香りがするという訳ではありませんね。

 

これらの葉っぱを鍋にパラパラと。
f:id:wien7:20200419161827j:image

ここへ水を加えて10分程煮ます。

 

そして最後にココナッツミルク登場!
f:id:wien7:20200419161745j:image

これを入れれば間違いない!

今までの経験から、絶大な信頼を寄せています。

 

鍋に注ぎ入れます。
f:id:wien7:20200419164754j:image

混ぜ合わせて5分ほど煮たら…

 

じゃーん!
f:id:wien7:20200419161810j:image

スリランカ式チキンカレーの出来上がりです!

 

やっぱりいつもと違う香り!

食べたことないカレーです!

これがスリランカか…

ココナッツミルクのおかげでコクもあります。

スリランカカレーのお店に行ってみたくなりました!

早速調べてみよう。

 

ではまた!

カレーに凝る 第25弾 「レタスとトマトとブロッコリーのカレー」

どうも!

今回は「レタスとトマトとブロッコリーのカレー」に挑戦しました!

 

まずは玉ねぎとニンニク、生姜を炒めていきます。

今回玉ねぎは薄切りでした。

そこへみじん切りにしたトマトとを2個分投入!

f:id:wien7:20200411234725j:image

 

水分が飛んだらスパイスを加えます。

今回はクミンコリアンダーターメリックレッドチリ

いつものメンバーです。
f:id:wien7:20200411234716j:image

うっかりターメリックを入れすぎました!笑

 

水とコンソメを加え煮立たせたら、ブロッコリーとクシ型に切ったトマトを加えます。
f:id:wien7:20200411234730j:image

ブロッコリーは冷凍のものを!

冷凍野菜ってとても便利ですよね…


f:id:wien7:20200411234711j:image

2分ほど煮込みます。

 

最後にレタスを投入!
f:id:wien7:20200411234733j:image

鍋がレタスまみれに!

分量間違ったかな!(デジャブ)

 

でも2分ほど煮込んだらしっかり!
f:id:wien7:20200411234706j:image

いい感じになりました。

 

出来上がったのがこちら!
f:id:wien7:20200411234720j:image

レタスは生で食べるものという認識があったのですが、煮込むのもとても美味しい!!

といっても煮込み時間は2分だったので、ちゃんとシャキシャキ感も残っています。

これは、生で食べるよりも好きです。

サラダで食べるよりもたくさん食べられそう!

今回はお肉類が一切含まれていないのですが、野菜もたくさんで満足感がありました!

また煮込み時間も短く、あっという間に作れてしまうという。

ダイエット&時短の最強カレーでした!

 

ではまた!