カレー好き大学院生の日記

研究室とお料理と読書の日々。

カレーに凝る 第31弾 「白身魚のココナッツカレー」

どうも!

 

やっぱりカレー作りは息抜きにぴったり!

ということで今日も作ってしまいました!

 

今回挑戦したのは「白身魚のココナッツカレー」です。

ココナッツミルクを入れるカレーは大好物。

しかしココナッツミルクは駅まで行かなければ仕入れられないので、なかなか作れずにいました。

ここでネットショッピングの味を占めた私、アマゾンで6個セットを購入!

しかも安い!

これからしばらく楽しめそうです♪

 

まずはオリーブオイルを熱し、ブラウンマスタードシードレッドチリココナッツファインカレーリーフを炒めていきます。

本当はココナッツオイルを使いたいところですが切らしておりました…

f:id:wien7:20200712184843j:image

カレーリーフはずっと前に大袋で購入してしまったため、積極的に消費したいところです。

 

そこへニンニク・生姜、薄切りの玉ねぎを加えさらに炒めます。
f:id:wien7:20200712184835j:image

きつね色になるまで!

今回はトマトを使いません。

 

そこへパウダースパイスを入れるのですが、フェンネルがホールしかなかったのですり鉢で自力でパウダーにすることに。
f:id:wien7:20200712184850j:image

しかし結局うまくできず、ミキサーの力を借りたのでした…

 

今回加えたのはコリアンダーターメリックレッドチリとパウダーにしたフェンネルです。
f:id:wien7:20200712184846j:image

いい香りです。

 

そこへ投入するのがココナッツミルク!
f:id:wien7:20200712184857j:image

缶切りで開けなければいけないのが少しネックですが、これはアルバイトでの経験を活かしチョチョイのチョイ。

 

そしてタマリンドペーストも加えます。
f:id:wien7:20200712184900j:image

タマリンドとは…

アフリカの熱帯地方が原産の「タマリンド」は、マメ科ジャケツイバラ亜科タマリンド属の、高さ20~25mほどの常緑高木に実るフルーツです。タマリンドは高木が黄色い花をつけたあとにでき、7~15cmほどの枝豆を大きくしたような形をしていて、一年中見ることができます。実をつけるのに6年から10年ほどかかりますが、過酷な環境でも育つ強い植物なんですよ。 サヤの中に果肉があり、そのままでも食べることができます。酸味が強いので、ジャムやお菓子、飲み物などに加工して食べることが多いのだとか。日本人には少し馴染みの薄いトロピカルフルーツですが、栄養価が高くいま注目されています。https://macaro-ni.jp/33301

 というわけでちょっと酸っぱい香りのする不思議なペーストです。

これも昔買ったものの、使い道がカレー以外にわからないので消費したい!笑

 

そこへタラを加え、煮込んでいる様子がこちら。
f:id:wien7:20200712184839j:image

お魚大好き、わくわくします。

 

そして仕上げは、もはやおなじみのテンパリングです。
f:id:wien7:20200712184854j:image

オリーブオイルにレッドチリカレーリーフを加えて香りを立たせたら、カレーにジュワッと加えます。

 

そして出来上がったのがこちら!
f:id:wien7:20200712184904j:image

食べてみた感想は、まずココナッツミルクで安定のおいしさ!

そしてタマリンドペーストの酸味も感じて、少し独特な味がまた良い。

カレーリーフを今回たくさん使っているのも、またいつもと違う香りがして病みつきになります。

魚介にココナッツは合うな~!

 

参考レシピ本

世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-
 

 

 お得なココナッツミルク

 

 

ではまた!

カレーに凝る 第30弾 「豚バラと大根のカレー」

どうも!

 

とうとう今回でカレーに凝るシリーズは第30回目を迎えました!

思いのほか続きましたね…

これからも頑張っていきます!

 

今日はだいぶ前に作ったカレーの記事になります。

(記事にするのが遅くなったので記憶が曖昧…)

 

今回は「豚バラと大根のカレー」に挑戦しました!

カレーに大根?どういうこと?と思いながらも作り始めます。

 

まずはオリーブオイルを熱し、レッドチリクミンシードを加えます。

f:id:wien7:20200705181222j:image

クミンシードがパチパチいい音。

 

そこへ、くし切りの玉ねぎを加えます。
f:id:wien7:20200705181207j:image

くし切りラクチン!

焼き目がついたらにんにく、生姜、トマトピューレを加えます。

 

そこへおなじみのコリアンダーターメリッククミンレッドチリを加えます。
f:id:wien7:20200705181227j:image

これでカレーの素は出来上がり。

 

次は別のフライパンでしっかり焼いた豚肉と大根、コンソメスープ、砂糖、しょうゆを加え、40分煮込みます。
f:id:wien7:20200705181217j:image

砂糖としょうゆ!これはいかにも大根に合いそうです。

 

そして最後の仕上げはテンパリング

オリーブオイルを強火で熱し、シナモンクローブカルダモンスターアニスの香りをオイルに移してあげます。
f:id:wien7:20200705181214j:image

香りがすごい!

 

これを仕上げにカレーにかけて、出来上がったのがこちら!
f:id:wien7:20200705181210j:image

やっぱり、スターアニスがあると映えますね。

食べてみると、やはり最後に入れたテンパリングのオイルがすごい香り!

特にスターアニスが最高です。

豚の角煮にも合うように、カレーでも豚肉との相性はバッチリ。

そして大根!これが柔らかくておいしい!

しょうゆと砂糖の味付けがまた良いのかもしれませんね。

カレーにもこんなに合うなんて…大発見でした!

 

 参考レシピ本

世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-
 

 

 

ではまた!

癒しの時間

どうも!

 

相変わらずの毎日ですが、元気に過ごしています。

もう7月に入ってしまったので、気を取り直して書いてみました。

毎日書くのはおそらく無理ですが…

 

最近、研究室で実験をしている時間が楽しくて仕方ありません。

遺伝子を扱うような研究を新たに始めたり、画像解析のソフトでプログラミングに触れたり、新しいことに取り組むのはいつだってワクワクします。

 

そして何より、実験室で作業している時に、研究室のみんなでおしゃべりするのが楽しいのです。

特に留学生と同期の会話が面白くて面白くて、聞いてる私がいつも大爆笑してお腹が痛くなっています笑

就活や授業の課題など、やらなきゃいけないことに追われてストレスも多いですが、研究室にいる時間は私の癒しになっています。

明日も研究室に行くのが楽しみです。

 

おまけ

最近、紙媒体の新聞を取り始めました。

f:id:wien7:20200701230906j:image

というのも、この前玄関先に来た勧誘の人の身の上話を聞いていたらまんまと同情して申し込んでしまっただけなのですが…

チョロすぎる客…

でも、とっても勉強になります。

いつも朝はZIPとスッキリをボケーっと見ていたのですが、やはりいらない情報も多い。

その時間を新聞に変えたら、世間のことが今までの3倍くらい分かるようになりました。(もっとかも)

世間知らずを直したいので、しばらく続けると思います。

ネットニュースではやはり自分の興味のある内容しか見ませんが、新聞だと満遍なく読むことが出来るのでとっても良いです。

そしてアナログ派の私にもしっくり。

紙をペラペラめくりながらコーヒーを飲む姿はまさにお父さんですが…笑

 

ではまた!

忙しさは心地良さ

どうも!

 

ここ最近更新できていませんでした…

色んなことがあったのですが、ブログを書くところまで手が回らず…

でもやっぱり記録を残すことは大事だなと思うので、軽く振り返っておきます。

 

前の記事を書いた週末は弾丸帰省を果たしました。

住民票の関係で地元に帰らないと発行できない書類を、急ぎで取らなければならなかったというのが1番の理由です。

そうでなければ、まだ自粛すべき時期であるとは思うので…

しかし、1人で暮らしている父がずっと心配だったため、良い理由が見つかって良かったです!

元気そうにしていて安心しました。

また時間を見つけて帰りたいところ。

 

帰省から戻ってきてからは、相変わらず就活と研究室ばかりの日々でした。

何も用事がない日の一日の流れは、朝7時に起きて身支度をして、研究室に行くまではWebテスト対策、10時から18時までは研究室で実験やゼミ、授業をこなして、帰宅してから寝るまではまたずっと説明会やら自己分析やら企業研究やらという感じ。

 

就活ってやることがたくさんあって終わりがないし、驚きです。

先月までバイトばっかりしてたけど、そんな場合では無かった〜!

 

でも最近、とても生き生きとしています。

私はやっぱり、やることがたくさんあって忙しい方が生きてる実感を得られるタイプのようです。

特に今は、「将来について考える」という意味のある時間を過ごせている気がするので、尚更楽しいです。

 

息抜きに料理やランニングをしたり、友達や後輩とご飯に行ったりする時間も設けているのですが、普段頑張っているとその楽しさも倍増です。

カレーも作ったので後日記事を上げます!

 

ここ数日は、父にもらった小さいミキサーでスムージーを作ることにハマっています笑

f:id:wien7:20200622211626j:image

今のところナンバーワンは、ほうれん草とバナナときな粉と黒ごまとはちみつと牛乳を入れたスムージーです。

毎朝入れる食材を変えて楽しんでいます。

どんどん痩せる笑

 

ただ先日は、友達だと思っていた人から告白されるという出来事があり困惑しているところです…

難しいものですね…

 

そんなこんなで色々な事がありましたが、楽しく毎日過ごしています。

これからも、へこたれない程度に頑張ります!

 

ではまた!

自分を好きになる難しさ

私は写真を撮られるのが苦手です。

突然何事?と思われるでしょうが、最近インターンエントリーシートなどで「自分の人柄を最も表す写真を添付してください」などと言われることがあるのです。

しかし、こんなに4年間色んなことがあったけど、自分が写っているものではなかなか良い写真が見つかりませんでした。

写真が苦手なのは、自分の容姿に自信が無いというのももちろんですが、「写真を撮られるのが好きな人」=「自分のことが好きな人」という先入観があるというのも大きいでしょう。

「自分は自分のことを好きになれない」と思い込んでいるのです。

 

これは、小さい頃に母から言われていたことが要因の一つになっていると最近思います。

母はいつも、「自慢をして偉そうにしている人は最も醜い」という話をしていました。

母も自身の学歴や経歴にコンプレックスを感じていたようなのですが、それを知りながら身近にそういう自慢をしてくる人がいたというのが理由としてあると思います。

私も小さいながらに、母の周りの人からそういう雰囲気を感じていました。

それもあって母は、学歴に関係なく資格取得や膨大な量の読書で日々努力を重ねて自分を高めていました。

そして、その努力は自分が納得するためだけに続けており、ひけらかすことは無かったのです。

そんな母の話を聞いたり、姿を見ていたのもあり、私も自分なりに何か頑張っていても、決してそれを「すごいことだ」とは思えませんでした。

その謙虚さはいつしか、「自分のことを好きになれない」ということに繋がりました。

 

しかし、大学に入ったくらいの時に、ある日母から泣いて謝られたことがありました。

「私が自慢するのは醜いって教えちゃったから、自分に自信が持てないようになってしまったよね。もっと自信を持っていいんだよ。」

それを聞いた時、私は心から驚きました。

母の考え方は全く間違っていないと思っていたからです。

 

でも最近、自分に自信を持てる人は本当に羨ましいなと思うようになりました。

時に、その自信はどこから湧いてくるのだ?と思う人もいますが、その根拠の無い自信すらも羨ましいのです。

 

自分を信じられないというのは、なかなか損なことだと思います。

これができないと、次に進むことがはばかられる場合が多いです。

 

どうしても最近就活に話が収束してしまうのが悲しいのですが、就活で自分をアピールできる人というのもやはり、自分に自信が持てるというのが前提になっているんですよね。

こんなに色々頑張ってきたのに、「自分に自信を持つこと」=「恥ずかしい」という先入観が大きな障害になっています。

そんな大したことないよと、マイナスな面ばかり見てしまう。

この考え方の根本を正すという意味でも、就活は一役買ってくれそうだなとポジティブに捉える日々です。

 

また長くなってしまいました。

もちろん今日の話は母の考え方を否定するものではありません。

未だに同意しています。

ただ、私が間違った解釈と思い込みのままここまで成長してしまったという後悔のお話でした。

 

 

今日はようやく実家への帰省を果たし、久しぶりに母の仏壇に手を合わせました。

父と色々話しているとまた涙が止まらなくなりましたが、父も何十年ぶりの1人暮らしをなんとか生き生き過ごせているようで一安心。

母が大好きだったお花で庭を埋めつくしていました。

今週末はちゃんと息抜きしようと思います。

 

おまけ

鶏胸肉とアスパラのハニーマスタード炒め

f:id:wien7:20200613011609j:image

アスパラ高いけどやっぱり大好き!

 

ではまた!

カレーに凝る 第29弾 「ポークビンダルカレー」

どうも!

バイトを辞めたはずが、その空いた時間を自己分析や企業研究に費やして、気づいたらいつも夜中になっています…

ランニングとお料理が気分転換です!

というわけで今日は久しぶりにカレーの記事をお送りします。

 

カレーに凝るシリーズはおそらく1ヶ月ぶりになりますが、記事にしないだけでカレーは何度も作っていたし、なんならお昼はほぼ毎日レトルトカレーなので、飽きてしまった訳ではありません笑

 

今回は「ポークビンダルカレー」に挑戦しました!

 

ビンダルポルトガル料理の流れをくむインドでは珍しいカレーとのこと。

ポルトガル料理と言われてもピンと来ないのですが…

 

調べてみるとこんなことが書いてました。

インド・ゴア州の名物メニュー「ビンダル」はポルトガル料理の流れをくむインドでは珍しい料理。
ゴア州は20世紀中頃までポルトガルのアジア拠点となっていました。 豚肉を赤ワインと黒胡椒に漬け込み、運んだことが始まりと言われており、インドでは赤ワインが酢に変わり、スパイシーに変化していったと言われています。
「Vindaloo」の「vin」はポルトガル語で「ワインやワインビネガー」、「Aloo」は「にんにく」という意味からつけられた名前です。

ビンダルとは。 | rei blog.

 

なるほど、酸味が特徴の1つのようですね。

それでは作っていきます。

 

 

まずはオリーブオイルを熱し、シナモンスティックベイリーフレッドチリを加えます。

f:id:wien7:20200609231046j:image

今回使ったシナモンスティックは先日お友達から貰ったものです。

1本を何回もお湯で抽出してシナモンティーにして楽しんでいたのですが、まだまだ香りが出そうだったので最後カレーのスパイスとして活躍してもらいました。

 

そこへ玉ねぎを加えて炒めていきます。

f:id:wien7:20200609232218j:image

シナモンの香りがすごい!

 

そしてトマト缶を加えて水分を飛ばし、コリアンダークミンターメリックレッドチリパプリカパウダーを加えます。
f:id:wien7:20200609231042j:image

 

そこへ豚肉のマリネを加えます。
f:id:wien7:20200609231028j:image

マリネ液はバルサミコ酢ココナッツクリームにんにく生姜ペパーミントコリアンダーレッドチリパプリカパウダーターメリッククミンガラムマサラブラックペッパーを加えるとのこと。

しかしバルサミコ酢が無かったので白ワインビネガーで代用しました。

同じくブドウ由来だから良しとします笑

ココナッツクリームも無かったので、ココナッツミルクのパウダーを加えました。

一晩冷蔵庫で漬け込むのが理想みたいですが、作り始めてから気づいたので30分くらいしか漬けてません汗

 

マリネ液ごと加えて炒めたら、お湯を加えて30分煮込みます。
f:id:wien7:20200609231038j:image

 

そして出来上がったのがこちら!
f:id:wien7:20200609231032j:image

食べてみるとまず、ほどよい酸味が美味しさを引き立てています!

今までのカレーとは全然違う!

そしてなぜか感じる甘み…

砂糖とか入れていないのになぜ?と思いましたが、よく考えたらシナモンスティック!これを入れたからでしょう!

シナモンティーの甘さを思い出します。

豚肉もゴロッと食べ応えがあり、大満足でした。

 

カレーを通してまたシナモンが好きになってしまった私でした。

 

ではまた!

 

 

世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-
 

 

 

もっと自分を知る

どうも!

今日も夜のランニングに行きました。

正直、こうやって最初に頑張りすぎると後が続かないのではという懸念があります…

でも、行きたい!という思いがあるうちは、それをわざわざ殺すことも無い気がするので。

今日は遠出しすぎて帰って来られなくなり、5kmのつもりが7km走ることになりました…笑

いつまで続くでしょうかね…

 

実は今日、物事を続けるというのが、自分は割と得意な方であるということに気付かされました。(運動とダイエットは別として…でしょうけど…)

というのも、今日は私の大学の先輩が就活生と面談を行ってくれるサービスの、初面談の日だったのです。

学科のLINEに流れてきたそのサービスをなんとなく登録してみたら、いつの間にか紹介された担当の方のLINE。

その方は就活を終えたばかりの修士2年の女性。

そして気づけば面談をする運びになっていて、よく分からないまま今日を迎えたのですが…

実際にやってみるとものすごく良い面談でした。

 

時間は1時間半ほどで、お互いの自己紹介から始まり、就活の一連の流れを説明してもらったり、分からないことを色々質問したり。

 

そしてその後、「自己分析」を一緒に軽くやりました。

 

就活でよく聞く「自己分析」ですが、就活に関わらず全ての人間がやるべきであると思うほど、とても大切なことだと最近思わされます。

自分はこんな人だったのかとか、こんな短所もこう捉えることができるのかとか、前向きな気持ちにもなれます。

 

今日は幼少期に自分が続けていたことを振り返って、それをなぜ始めたの?なぜ続けられたの?なぜ辞めなかったの?何が楽しかったの?と言う感じにどんどん突き詰められました。

正直そこまで楽しくなかったピアノも、英検ばかり受けて辛かった英語も、辞めずになぜ続けられたのだろうか。

他にも、昔から大好きだった生き物(私には鳥だったり馬だったりカエルだったり、様々な生き物のオタクになっていた時代がありました。)についてもなぜ?なぜ?と突き詰めていくと色んなことが見えてくる。

幼少期だけでこれだけ暴かれたので、中高大学となればなおさらでしょう。

(ここからは自分でやります。)

 

こうやって色々振り返ると、自分の部活まみれの大学生活も、自分にとって当たり前の結果だったような気がしてきます。

 

なんだか、知らない間に「大学生活」というテストを受けさせられていて、突然「就活」を通して答え合わせをさせられている気分です。

そんなつもりで過ごしてきたわけじゃないのに。

しかし答えは1つでは無くて、見方を変えればどんな大学生活にも意義を見出す事ができるのだと思います。

 

 

うーん、最近色々考えすぎてまたグルグルしてきました。

でも、これって大切なことなんでしょうね。

色々考えよう。

自分のやりたいことってなんなんだろう。

 

 

おまけ

本日の粗食

大根と水菜と豚肉の牛乳味噌スープ

f:id:wien7:20200606001033j:image

もはや適当料理が得意になってきました!

そして野菜ばかり食べてたら体重が減ってきたぞ!?

このまま痩せちゃうぞ〜!

 

 

ではまた!